みこぼね

みのつまった、みをのりだすような、みもふたもない、みになること

スポンサーリンク

iPad mini4の分解レポート:iPad mini3よりも小容量バッテリー、2GB RAM、iPad Air2を小型化したような設計など

新型「iPad mini 4」の分解レポートをiFixitが公開しました。
分解の結果、iPad mini4はやはり2GB RAMを搭載していることが確認されました。iPhone6シリーズやiPad mini3の2倍の容量です。

「iPad mini 3」と比べて薄く軽量化され性能もアップした「iPad mini 4」(参考:iPad mini4とiPad mini3との違い)ですが、その内部も異なっていることが今回の分解で分かりました。iPad mini3の分解レポートも合わせてご覧ください。


https://lh3.googleusercontent.com/-DagQl-fbG-o/VftsnVotTWI/AAAAAAAAmYo/LdmqBxzLfek/s800-Ic42/iPad-mini-4-Teardown-iFixit.jpg


ディスプレイは、iPad Air2と同様に、スクリーン自体がガラスと固定され完全にラミネートされています。iPad mini4はミニサイズのiPad Air2とも呼ばれていますが、パフォーマンスだけでなく内部構成においてもiPad Air2に近いようです。


スポンサーリンク


iPad mini4(ゴールド)とiPad mini3(スペースグレイ)を重ねておいた写真を見ると、iPad mini4の薄さ(iPad mini4は厚さ6.1mm、iPad mini3は7.5mm)を確認できると共に、スピーカーグリルのデザインが異なり、背面のデュアルマイクの位置が変更されていたり、ミュートスイッチが省かれていることなどがわかります。この辺りもiPad Air2に似ています。

https://lh3.googleusercontent.com/-9u02vJ15vTQ/Vft2zbS_uDI/AAAAAAAAmZw/u2WS19cSpxQ/s800-Ic42/iPad-mini-4-Teardown-02-iFixit.jpg

写真は上がiPad mini4、下がiPad mini3。


バッテリー容量も異なります。
実はiPad mini4の方が容量は小さいです。薄型化された筐体へ内蔵するためにバッテリーサイズも小さくなったのでしょう。

  • iPad mini 4:3.82V 19.32Whr 5124mAh
  • iPad mini 3:3.75V 24.3Whr 6471mAh

しかしながら、Appleの仕様では、iPad mini4もiPad mini3と同じ10時間のバッテリー駆動時間です。本体の省電力化やバッテリーの性能向上などのおかげでしょう。


https://lh3.googleusercontent.com/-W2oEKFvPS9Y/VftsoiviIeI/AAAAAAAAmY4/XucbqxGezmo/s800-Ic42/iPad-mini-4-Teardown-03-iFixit.jpg

写真は左がiPad mini3、右がiPad mini4。

その他、アンテナは筐体の上部と下部へ移動していたり、FaceTimeカメラも小型化されていることも確認できました。


ユーザーがiPad mini4を使う上での注意点としては、Lightningポートがロジックボードに直付けされているため、壊したらロジックボードごと交換する可能性があることです。また、上述のようにディスプレイは1つのユニットに結合しているため、ガラスにひびが入っただけでもユニットごと交換することになります。
バッテリーは従来同様ロジックボードに直接はんだ付けされていません。おそらくApple Storeなどで交換する余地を残しているのでしょう。


iPad mini4に関する記事www.kobonemi.com

Source:iFixit via Cult of Mac, Mac Rumors

Apple Store

ビックカメラ.comicon
ソフマップ・ドット・コムicon
ヤマダ電機

Amazon.co.jp