読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みこぼね

みのつまった、みをのりだすような、みもふたもない、みになること

スポンサーリンク

Radikoを録音してApple Musicでオンライン・オフライン再生できるか試してみた【更新2】

Apple Musicを使い自分の音楽コレクションをiCloudミュージックライブラリにアップロードしていたところ、Radikoのラジオ番組を録音していたものも自動的にアップロードされ、iPhoneやMacBookで聴くことができました。

前回の記事でiCloudミュージックライブラリにアップロードできる音楽を調べており、CDから取り込んだ曲やiTunes以外から購入した楽曲もiPhoneでストリーミングしたりダウンロードしてオフラインでも再生できたことを確認していました。
その中で、自分のライブラリにあったラジオの録音番組も同様にアップロードされていることが分かったので今回簡単に紹介します。

https://lh3.googleusercontent.com/zkDFFsjpue7AlXltFmkmYPFmYxxd16rWKfppQzYg_Ipc=w1350-h800-no
Apple Music(iTunes/ミュージックアプリが開きます)

用意したもの

  • Windows PC:ラジオ録音用
  • 無料ソフト「Radikool」
  • iTunes 12.12以降
  • Apple Musicの契約
  • iCloudミュージックライブラリを有効
  • iPhoneなどiOSデバイスやパソコン


RadikoolはフリーのWindows用ソフトです。
radiko、NHK らじる★らじる、CSRA、JCBAの各ラジオ番組を聴いたり録音することができます。

https://lh3.googleusercontent.com/w_zZ9e4tU8Fd1i8jbVaXVJSoGlasrwcPFN1y-1OZv4Xw=w348-h70-no


番組の予約録音やキーワード予約、自動でiTunesに登録する機能、スリープ復帰録音や録音終了後のスリープ・シャットダウンなどに対応し便利に使っています。

私はピーター・バラカン氏の番組をよく聴きます。
Radikoolで「バラカン」や「Barakan」をキーワードに録音予約を設定しておくと、Radikoolで聴けるラジオ局で放送される彼の番組を自動的に録音しiTunesに登録してくれます。
ただ、外出先から聴くためにいちいちiPhoneをパソコンに接続して同期するのは面倒で、聴いてない番組がどんどん貯まっていました。
今回Apple Musicを始めて、ラジオなど自分で録音した音楽データも外出先や旅先でオンラインでもオフラインでも聴くことができたのは個人的にかなり嬉しいことでした。
これで貯まった番組をようやく消化できそうです。

大まかな流れ

  • WindowsにRadikoolをインストールしラジオ番組を録音する
  • 録音番組をiTunesのマイミュージックに登録する(Radikoolの自動設定)
  • Apple MusicのiCloudミュージックライブラリにアップロード
  • iPhoneでストリーミング再生やダウンローしオフライン再生

 

Radikoolのインストールと設定

Radikool設定は少し複雑ですが、インストール時に表示される手順通りに進めれば問題なく設定できると思います。
この手順はよくできているので、1つずつ焦らず進めればうまくいくと思います。

Radikoolの予約設定で「iTunesに登録する」にチェックを入れておけば、録音終了後、自動的にiTunesのマイミュージックに登録され、iTunesから再生・管理できるようになります。

https://lh3.googleusercontent.com/fm6piJvLIGOj5Vf5i1GzlVsCZTrbG3gc2RkEIgbies4c=w630-h720-no

ついでに、録音ファイル名の先頭に年・月・日・曜日などを入るように設定しておくと、いつ録音した番組なのか把握しやすくなると思います。やり方は上のスクリーンショットを参考にしてみてください。


これで録音されたラジオ番組がiTunesに追加されていくはずです。

https://lh3.googleusercontent.com/rBM9Lm0OHsDqii5pyQ73pN2mOFfOOgMkIDS79SPFjUpG=w780-h370-no


続いて、iTunesとApple Musicです。


iTunesの設定

Apple Musicを契約し、iCloudミュージックライブラリを有効にします。

https://lh3.googleusercontent.com/utW-OHEWPk4Wn0aFmj3kwtN0WsKnW5mmTp75U_Rm4jW4=w580-h507-no


iCloudミュージックライブラリは、自分の音楽データをクラウド上にアップロードすることができます。
iCloudミュージックライブラリの詳細は別記事をご覧ください。


あとはiTunesからiCloudミュージックライブラリに録音データがアップロードされるのを待つだけです(データが多いとかなり時間がかかることがあります。また任意に順番を決められないようです)。

アップロードの完了したファイルはiTunesの設定を開くと「iCloudの状況 アップロード済み」と表示されます。

https://lh3.googleusercontent.com/mcd5hhehhs393PBtU3PxY2lEqCRLefrwziDgs6EkxYmz=w1276-h1370-no

これで他のデバイスで聴く準備が完了しました。


スポンサーリンク


他のデバイスで聴く・ダウンロードする

iPhoneやiPadなどApple Musicに対応したデバイスでアップロードされた番組を聴くことができます。
下の写真ではInterFMで放送されている「Barakan Beat」の録音ファイルをiPhoneでオンライン再生しています。

https://lh3.googleusercontent.com/p2zwmV9rkx5JNXcX8vjaQqO8jiHQRsSRHfeQ9Rg__Frz=w1542-h1370-no

上のように録音番組の先頭に録音した日付を入れておけば番組が時系列順に並び探しやすく便利です。


再生中の番組名をタップするとメニューが表示され、その中の「オフラインで再生可能にする」ボタンをタップすることで番組がiPhoneにダウンロードされ、オフラインで聴けるようになります。

https://lh3.googleusercontent.com/rTH-MXvw5hKfojze2ft0XRMmqgYdFKY2GdZtKFzw0pYo=w1202-h1370-no


オフラインで聴ける番組には下の写真のような「デバイスのマーク」が付きます。

https://lh3.googleusercontent.com/f1c15g-tmL0wlvQGpPuIW4DJ1Qern9HwL9K1A946vILB=w1400-h578-no


なお、今回のようなラジオ番組を録音したファイルにはDRMは付与されませんでした。

DRMについては次の記事もご覧ください。

Apple MusicのiCloudミュージックライブラリはDRM付き:知らなかったと後悔する前に問題を整理してみた【更新3】 - みこぼね
Apple MusicでDRMが付くか実際に試してみて分かったこと - みこぼね


記事更新:最初の訂正時、番組の聴取はローカルエリア内でのみ可能としておりましたが、「設定」→「iTunes & App Store」にある「モバイルデータ通信」を有効にすることで、ローカルエリア外でもオンライン再生可能でした。