読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みこぼね

みのつまった、みをのりだすような、みもふたもない、みになること

スポンサーリンク

Googleフォトの使い方:TV録画番組を保存・再生できるか検証してみた

前回、Googleフォトでファイルをアップロード・再生・共有する方法削除する方法をご紹介しました。

Googleフォトは、高品質に設定することで写真や動画を無料で無制限に保存できます。

今回は、録画したテレビ番組を保存し再生できるか実験してみました。

https://lh3.googleusercontent.com/poaNY-gtTKTJwyZcax6eFRaPOyVtXPeQBpuuiENNkBVX=w640-h370-no

【検証】録画番組の保存と再生

検証のために、PT2/PT3で録画した番組(1080p/約1.2GB)をサンプルとして用いました。

なお、検証のための作業であり、検証完了後、録画番組はGoogleフォトから削除しています。

まず、サンプルの録画番組を用意します。
ファイル形式はデフォルトでTSファイルとなっています。
この拡張子「.ts」をGoogleフォトで扱うことのできる「.m2ts」に変更しました。

https://lh3.googleusercontent.com/5klqKZBkz6VfwiaAYDd4G5q1lMjF6spMRo1jMttFIr6Y=w500-h400-no

Googleフォトでは、.wmv、.mts、.mkv、.divxなどにも対応しています。
もしかすると「.m2ts」ではなく「.mts」でも可能かもしれません。

Googleフォトに保存できる動画
.mpg、.mod、.mmv、.tod、.wmv、.asf、.avi、.divx、.mov、.m4v、.3gp、.3g2、.mp4、.m2t、.m2ts、.mts、.mkv


作業自体は、iPhoneなどで撮影したビデオを保存する方法と同じです。

mi.kobonemi.com


Googleフォトをブラウザで開き、動画をドラッグ&ドロップでアップロードします。

アップロード完了後、動画は1080pで保存されていました。

https://lh3.googleusercontent.com/jZtYG7Cf7w5ATxQiEJO_J4vm1zF9IyGn2VD5AOSVis9J=w250-h170-no


動画の共有リンクURLを取得し、
iPhoneのSafariで開いたところ、iPhoneのビデオと同様に再生することができました。

https://lh3.googleusercontent.com/vdVWETfGDdtFIv-I-383axY0n-QgS8AvqVtDRz-2XIAB=w1104-h621-no


以上で検証は終了です。


スポンサーリンク

今回分かったこと

Googleフォトには、写真であれば1枚当たり75MBまで、動画であれば10GBまでを無制限に無料で保存可能です。
今回試したところ、動画を保存後もGoogleフォトの残容量に変化はありませんでした。

10GBまでであればフルHDの番組でも1~1.2時間ほどの番組なら圧縮することなく保存できそうです。
長時間録画番組も自分で10GB以内に圧縮しアップロードすれば、いくらでも保存できます。
アップロード時にGoogleによって圧縮されてしまうので画質面では期待できませんが、自分のハードディスクの容量を心配することなく録画をすることができるというわけです。

あとは、スマートフォンやタブレットでGoogleフォトにログインし、保存しておいた番組を好きな時に観ることができるわけですが、ただし、技術的に可能であっても実際に行う上で問題はあります。

https://lh3.googleusercontent.com/ESbrXtVg5Q5J8ng9QNLZhGATveNGFQkQlFUa2hZs_tgN=s620-no

Googleフォトの問題点

ここで問題はいくつかあると思います。


1つ目は、前回も書きましたが、

URLさえ知られてしまえば誰でも動画を視聴できることです。


2つ目は、今回検証したように、

テレビ番組も保存できることです。


テレビ番組を録画し個人で楽しむのは問題ありません。
しかし、共有リンクを公開するなどして誰にでも観れるようにしておくのは大いに問題だと思います。

それでは、Googleフォトに保存したものを自分だけしか見れないようにしておくことは可能なのでしょうか。

Googleフォトの設定を確認

自分しか見れないように鍵をかけておく方法があれば問題をクリアできそうですが、
自分で調べた限り、Picasa側から設定できそうでした。

Googleフォトの写真や動画は、同じくGoogleのPicasaからも保存や設定ができます。

Picasaではアルバムの公開設定を指定するとができます。

  • ウェブ上で一般公開
  • リンクを知っている全員
  • 自分だけ

https://lh3.googleusercontent.com/dbPaZekFzxEGUe3NYDkBm-Lb_HdMVPyX6ANPO_CatsDY=w300-h97-no

今回の検証では「自分だけ」に設定しました。

しかし、Googleフォトからは共有URLを取得できてしまいました。

つまり、Picasaの設定はGoogleフォトでは有効ではないということになります。


Googleフォトに保存したコンテンツを自分だけの限定公開にする方法はないのかもしれません。
Googleの説明では次のようになり、自分からアクションを起こさなければ自分以外は閲覧・再生できない状態になります。

写真や動画は Google フォト ライブラリにバックアップされます。これらは明示的に共有しない限り限定公開となります。

パソコンからの写真のバックアップ - フォト ヘルプ

また、The VergeはGoogleフォトのURLについて次のような記事を掲載しています。


仮に自分だけしか視聴できないからといって、
クラウド上に保存しておいて良いものかという疑問は残ります。

自分で撮影したビデオであれば、
法律に反するような内容のものでない限り、どこに保存しようが誰に見せようが問題ないはずです。
自分で撮影したビデオの著作権は自分にあるのですから(ただし被写体の問題は残ります)。

しかし、それが自分以外に著作権のあるものだったらどうでしょうか。


https://lh3.googleusercontent.com/3E1KZM6vvQq_MWiOHkiFO_qNE8LHzGQfFXW6OVhgeCKM=w940-h600-no


というわけで、
Googleフォトは便利で頼もしいサービスです。

スマートフォンやタブレットなどで撮影した野心や動画をアップロードしておき、いつでも視聴できます。
「高画質」設定にしておけば無料で無制限に保存しておけます。
共有リンクから自分以外の家族や友人のデバイスで再生させることも可能です。

同様に、Googleフォトでサポートするファイル形式であれば、テレビ番組の録画でさえ保存出来てしまいます。
しかしながら、できるからといってそれがやってよいこととは言い切れません。
著作権のあるものを扱う際にはきわめて慎重な行動を取るべきと思います。